解毒(デトックス)1


現在放射線問題で化学物質が体内に入ることがどれだけ恐ろしいか
再確認しました。


放射能問題以前に、体内に蓄積された有害物質がそれだけ体に影響を及ぼすかを、ずっと考えていました。


私達の身の回りには化学物質であふれています。


それらは私達の生活を豊かに、便利にもしてくれます。



でも一方、強い毒性を持つ化学物質もあります。

化学物質が厄介なのは、体内に入ってすぐに影響を現す毒性だけでなく、
長年の間蓄積してガンを発生させたり、

水質や土壌の汚染など、
長期間使い続ける中で徐々に明らかになってきたようです。


今、化学物質の「便利さ」だけでなく「リスク=害」


リスクを認識することが大事だと思います。


一例としてあげれば、

煙を炊くタイプの殺虫剤や
電気式蚊取り剤のつけっぱなしなど

「生き物を殺す=人体にも影響が大きい」と思いますので、
注意が必要ですね。


こんなことをいってもきりがないことですけどね。


でも注意に越したことはありません。



少しでも自分のできる解毒(デトックス)をしましょう。


解毒は肝臓が主役。


運動や入浴、サウナなどで熱が加わると

流れる血流が増加し、化学物質のピックアップが盛んになり、

肝臓での解毒作用が増加するそうです。



「体を温めると・・・」


の本などたくさん出てますよね。


とにかく体を温め、シャワーを浴びるだけでなく、
必ずお風呂に入りましょう!



「体を冷やさない=体を温める工夫」

私は真夏でもほとんど常温の飲み物、そしてビールも冷やさず常温でOK!


コーヒーもホット。

生姜・にんにく・ねぎの3つは一日一回はとってます。


テレビなどで昆布類などヨードの多いものは
放射線を防御するのに一切関係ないと否定してますが、

私は正しいと思いますよ。


放射能事故の時に、昆布によるヨード飽和状態に適切だと専門家が推奨している化学データは出ているようです。


あとは自分自身の判断ですね。


まだまだ放射濃度が気になるときです。

自分自身で身の安全を守りましょう!
[PR]
by citacitawonder | 2011-03-25 17:41

体を温め自然の力で、身体が持つ自然治癒力や免疫力を高め心も体も健康にりましょう。健康で楽しい時間をみんなでシェアできる居場所です。


by citacitawonder
プロフィールを見る
画像一覧